日本舞踊 上方舞 山村流 山村若隼紀のはんなり道中記

山村 若隼紀

山村若隼紀
(やまむら わかはやき)

はじめまして、山村若隼紀です。
上方舞をご存知ですか?
上方舞の楽しさを一人でも多くの方に知っていただくために、立方として、また師匠として舞の心をお伝えしております。
どうぞ貴方の方法で舞の世界をご堪能ください。

上方舞のお稽古、はじめてみませんか?

略歴

山村若佐紀 門人
山村若隼紀(やまむら わかはやき)

平成07年 3月 山村若佐紀門下 入門
平成13年 4月 名取
平成15年 4月 第40回 産経新聞社主催 なにわ芸術祭 新人賞
平成20年 2月 平成19年度 咲くやこの花賞(演劇・舞踊部門)受賞
これまでの舞台歴

山村流について

山村流は、文化・文政に一斉を風靡していた中村歌右衛門に歌舞伎の振付師として認められていた山村友五郎(後に舞扇斉吾斗)を流祖として、天保時代に確立されました。初代友五郎の子であった友五郎・れん・登久が、それぞれ新町家・九郎右衛門家・島の内家として山村の舞を広め、上方の役者衆・芸者衆だけでなく、能から出た行儀の良い舞という事で商家の子女にとり行儀見習いの心得とされ大阪で発展しました。(山村流舞扇会 番付)より
日本舞踊 上方舞 山村流 公式ホームページ

お問い合わせ

山村若隼紀(やまむら わかはやき)

TEL:06-6616-7197
E-mail:wakahayaki@gmail.com